ここが違う、OGASAKAのスキー本体の狂いを出さない為に

スポーツアシストで取り扱っている、小賀坂製品のスキーだけのこだわりをご紹介します。

Keo's SS
先ず使用する材料の狂いを完全にとる。
成形時に狂わない様に低温度で長時間かけて成形加工する。
仕上げ加工は最小限。
工場より出荷されたスキーは、金具を取り付けて直ちに使用できます。
プレチューンナップは全く必要ありません。

ここが違う、OGASAKAの製造工程とチェックライン

スポーツアシストで取り扱っている、小賀坂スキー独自の製造工程とチェックラインをご覧下さい。

チェックライン図解