記事一覧

アニュアルカレンダーとクロノグラフという機能の組み合わせが珍しく

ダイヤルには多くの情報が表示されながらも、視認性を追求したデザインでまとめています。スーパーコピー黒色の発光塗料でコーティングされた時間と分を示すデルタ型の針、スモールセコンド、クロノグラフ計のふたつのサブダイヤル、12 時位置にビッグデイト。

アニュアルカレンダー機能の日付と月の表示には、鮮やかなオレンジ色を採用。10 気圧防水で、ねじ込み式のリューズ、45 時間のパワーリザーブを備えています。ケースバックからは、コート・ド・ジュネーブの美しいストライプの仕上げが見てとれます。『トンダグラフ GT』は、200 本限定で製産されます。


細部まで美しく仕上げられたPF044 自動巻きムーブメントは、トンダグラフ GT と同じく45 時間のパワーリザーブを備え、ねじ込み式のリューズが10 気圧までの防水を確保。18K ローズゴールドモデルは、ダイヤルに合わせたブルーのラバーストラップと組み合わせて華やかな印象に。タグホイヤー 時計 メンズステンレススティールモデルは、ブラックのラバーストラップと組み合わせてシックでクールな印象に。多忙な日中からエレガントな夜のシーンまでを演出します。ローズゴールド/ブルーは150 本限定、ステンレススティールモデルは250 本限定。

【関連記事】:トレンドを押さえた製品が多く展開されており

「ロレックス(タバコカラー)」を発表

クエルボ・イ・ソブリノスは、アールデコモダンを基調とした優美なケースデザインやダイアル装飾を備える「ロレックス」の新色バリエーションとして「ロレックス」を追加した。



ロレックス × シュプリーム 偽物 限定コラボ★自動巻き 116598-RBOW

ムーブメント:自動巻き
本体サイズ(直径): 40mm
型番:116598-RBOW
機能:デイト表示、3針

ロレックスは、1882年にキューバで設立された時計宝飾店を起源とする。ロレックス腕時計 価格プロミネンテ・ソロテンポは、キューバが砂糖景気に湧いた1940年から50年代に販売されたタイムピースを元にしており、2002年のブランド復活時から人気を集めるモデルだ。

 プロミネンテ・ソロテンポは、12時~6時方向に長く伸びて腕に沿うように湾曲したロングカーベックスケースが特徴である。また、ベゼル部の直線と、ケースサイドに設けた段差がラグ方向に緩やかに弧を描いて広がるフレアードシェイプを組み合せ、アールデコ様式を思わせるデザインを持つ。

今回追加されたカラーは、深みのあるブラウンのタバコカラーであり、キューバを代表する嗜好品である葉巻をイメージしたものだ。ダイアル中央には楕円形のMOP仕上げ、その周囲にはギョーシェ模様が施されており、ダイアルの奥行きや光が当たった際の表情を生み出している。また、ゴールドカラーのアラビア数字と時分秒針が深みのあるタバコカラーの背景に映え、優雅で上品な雰囲気を生み出している。

 ストラップには、ダイアルカラーに合わせたマットブラウンのルイジアナ・アリゲーター製が合わせられ、今作の落ち着いた雰囲気をより高めるものとなっている。


【関連記事】:2021人気の新作ファッションが発表されます

BVLGARI「オクト フィニッシモ」その凄さを紐解く

写真の美しい景色は古くからスイスの高級時計製造の聖地と呼ばれる「ヴァレド ジュウ」(ジュウ渓谷)

ブルガリはイタリアの高級宝飾ブランドとして世界的に有名ですが、チュードル 時計この地で本格的に新しく代表機種となる紳士用高級時計の開発に2000年から取り組んできました。



薄型時計の製造は限られたスペースの中にムーブメントを内包しなければならないので、全てのパーツを薄く小型化する必要があります。



ブルガリマニファクチュールは何年もかけて自社ムーブメント開発に取り組みましたが、2014年には世界最薄トゥールビヨンの記録を樹立。

そこから6年間で6度の最薄ワールドレコードを更新しています。その開発能力の底力には驚くばかりです。


それまでは現在も現役のヴァシュロン・コンスタンタンの薄型基幹ムーブのキャリバー1120が記録を保持していました。オメガ時計 メンズ 人気それが開発されたのは1967年。記録更新に50年もかかっており、いかに薄型ムーブメントの開発が難しいかを物語っています。

大きく厚い(デカ厚)ブームの中、最薄への記録に挑戦していたブルガリの薄型に特化したオクトプロジェクトの戦略はある意味時計製造のトレンドをかなり早く動かしたのではないかと感じます。

そしてオクト・フィニッシモは今、主流になりつつあるインフォーマル(つまりデイリーユース指向のラグジュアリースポーツ)のジャンルに薄型というひとつのジャンルを確立したと言えるでしょう。

【関連記事】:ファッションブランド情報

ウブロ: ゆったりとした新ブティックと、創業40周年展示に行ってきた ~ ブランドを40年でここまで大きく成功させるのは並大抵のことではない。

このご時世、筆者は老人と同居しているということもあって、ずっとほぼ引きこもり状態である。特にストレスが溜まらないというのも得な性格だろうか。運動不足があまりにまずい、ということで運動を始めたら、数か月で10キロ減った。ベルトの穴も2つ縮まり、せっかく年齢に合わせて大きく直してもらったズボンたちがまたゆるゆるになってしまった。まあ、悪いことではないが。で、昼間の仕事と言えば、週に一度程度オフィスには行くが、時差出勤で混んでる電車には乗らないし、Go Toなんとかもまったく縁がない。私の昼間の仕事の性格上、一番重要な海外出張にも行けないし、まったく迷惑な話である。

なので、ウブロの新しいブティックにお邪魔するのもずっと実行できずにいた。ところが、たまたま仕事で銀座に行く用事があったので、ようやく寄らせてもらえることができた。そして、これまたたまたま創業40周年記念展示もやっており、見させていただいた。平日の昼間の時間だったので人混みにもあわず、のんびりと見せていただいた。

皆さんが知らないであろうウブロの事実
ー ウブロの売り上げに占める、日本マーケットの割合は3年連続で世界一である。

これはすごいことである。他にも日本マーケットでの売り上げが世界一の超有名ブランドがあるが、小売店に頼らざるを得ない部分もあるだろうが、それだけでは説明できないだろう。日本人の気持ちに響く何かがあるのだろう。従い、ウブロは日本が大好き、ということを感じることが出来るが、他のほとんどのスイスブランドはこの懐の深い日本マーケットのことを大事に思っているようには見えないところが正直不満である。日本人はスイスの機械式時計を非常に強くサポートしてきた。西洋諸国ではいまだに誤解があるようだが、クォーツショックでスイス時計業界を崩壊させかけたのは日本ではない。多くのスイスブランドはむしろ日本よりも早くクォーツ開発に取り組んでおり、製品化を一番早くできたのがたまたま日本ブランドだっただけのことである。そして、日本人は70年台、80年台から実はスイスの機械式時計を一番サポートしていた。世界で一番サポートしていたと言ってもいいだろう。手作りや機械式を好む日本人気質のおかげかもしれない。ウブロ 時計 レディースそのため、90年台くらいまでは有名ブランドは毎年のように日本限定モデルを出していたのである。ここ10年とか20年とかでポッと出の大型マーケットではないのである。この昔からのサポーターたちへの気持ちを持ち続けられないところに、なんというか商売・ビジネスの厳しさを感じるし、寂しさも感じる。時計業界だけの話ではないが。とにかく、ウブロはそんな中にあって、常に日本マーケットを大事にしてくれている、という印象をこの10数年ウブロをフォローしている筆者は持っている。こんな立派なブティックを日本に作るというのも納得がいく。


さて、年寄りの愚痴はこれくらいにして、まずは、ウブロの新しいブティックを紹介したい。やはり、時節柄お客さんはそれほどいなかったが、このスケールのブティックは私も海外を含めてあまり見たことがない。ぜひ、落ち着いたら、あるいは銀座の近くに行ったら寄ってほしいと思う。

プレスリリースもご覧になってほしいが、まずはこの立派な新築ウブロビルを見て欲しい。場所は銀座交差点から京橋よりにほんのちょっと行った銀座3丁目にある。

ブティック自体は1階・2階部分であるが、3階に催事ホールがあり、オフィスが4階となっている。10数年前、初めて新作を拝見しにウブロのオフィスにお邪魔したときには、神谷町のマンション(?)の1室であった。そして、LVMHグループとなり半蔵門のLVMHグループビルに移転して大きなスペースとなったが、それはそれで他のブランドと一緒でなんとなく難しそう(?)な感じもあった。今回、ブティックと同じところにオフィスを構えることが出来、スタッフもお客さんも非常にやりやすくなったのではないだろうか。私も銀座に行けば誰にでも会えるので非常にありがたい。


そして今回の新ブティックでご自慢なのはやはり2階の、いわばVIPスペースだろうか。ここにはバーカウンターはあるが、時計は置いていない。ゆったりと商談するのにぴったりのスペースである。



さて、Art of Fusionのコーナーには、他にはやはりマジックゴールドや、カラーセラミック、カラークリスタルなど、ここ数年で大きく進化(コストも歩留まり率も)した独自の素材が展示されていた。考えてみれば、ウブロのおかげで、こういった新しい素材がどんどん手の届く価格まで下がってきていることは事実であり、再度ブランドを見直す契機になるだろう。


【関連記事】:tokei888世界の最新ファッションやコレクションをはじめ

グラデーション ギョーシェ ダイヤル

デザインとは、簡単に思い付きでできてしまうものではない。平均して、18-24か月は思い付きから発売までかかるものである。この期間に、プロトタイプでのテストや、デザインの細部変更などをするわけである。「こうしたらどうなるか?」という自問も行われる。まさに、27.02はその自問の結果である。

グラデーション ギョーシェ ダイヤル
2020年のGPHGで最終選考まで残った27.01のケースを見直したところ、少しスペースがあることに気が付いた。そのスペースは非常に小さいながら、サファイヤでできた文字盤(真鍮でできた27.01の文字盤よりは明らかに厚い)と、ムーブメントの周りに青いクル・ド・パリのギョーシェ模様を入れるのには十分だった。文字盤の対称性、視認性、0時のマーカー、そしてケースから広がるようなラグに加えて、文字盤からケースラインに伸びる遷移を加えることに成功した。さらに、サファイヤ文字盤の下表面にグラデーション効果を加え、上表面にレーザーでマーカー(インデックス)を彫り込んだ。このことは、文字盤周囲のギョーシェ模様が単に模様としてフェードアウトするのだけではなく、色の深さもフェードアウトするという視覚効果も得ることが出来た。文字盤の中央は真っ黒であり、周囲のギョーシェ模様に変化していき、我々のいわばトレードマークである、光の角度によって色が反転する効果をもった文字盤が出来上がったのである。


ウルトラ・シン、そして必要最低限の機能
27.02は27.01と同じく、風防を含めた厚さが6.9㎜であり、必要最低限の「美」を持っている。また、モノブロックステンレスから削りだした「フライング・ブレード」ラグも同様である。サイズも同じく、38㎜ x 6.9㎜と、手首の上で大きすぎず、小さすぎず、意味のある存在感をはなつ。幸運にも、2020年の間に、我々が求めるスペックを持ったETA プゾー7001をある程度見つけることが出来た。これらを、我々のパートナー、シュワルツ・エティエンヌに、大幅な改造を行ってもらった。手を付けなかったのは名機を名機たらしめる輪列と脱進機くらいであり、受けや地板は大幅な変更を行い、裏側から見える姿を我々なりにデザインし直した。何と言っても、やはりこのムーブメントは隠すべきところはなく、できるだけ見える姿であるべきと考えたからである。


視覚階層
27.01と同様に、この27.02は我々の最もドレッシーな時計であり、蛍光塗料はどこにも使われていない。しかし、表面加工や文字盤の不思議な光への反応は、薄いケースと相まってやはりMINGなのである。微妙な表面加工はケースにもなされている。表側は軽く磨かれたスティールのベゼルが、青いクル・ド・パリに遷移していき、文字盤中央の漆黒に行きつく。横は、ポリッシュされた「フライング・ブレード」が横切り、彫り込まれた内側は黒く加工されている。そして、裏側はサテン加工されたスティールが黒いムーブメントを囲む形となっている。

【関連記事】:https://bieyunyaniy302.wordpress.com/

ジラール・ペルゴ、英国の自動車メーカー、アストンマーティンの公式ウォッチパートナーに

アストンマーティンがジラール・ペルゴを公式ウォッチパートナーとして発表

ジラール・ペルゴが、英国の高級自動車メーカー、アストンマーティンの公式ウォッチパートナーとなることが発表されました。スイスのマニュファクチュールであるジラール・ペルゴは、時計製造で最古のブランドの 1 つであり、極めて優れた高級時計の典型として知られています。パネライ 時計 人気この 2 つのブランドの共同製作による限定生産の時計が、まもなく発表されます。



過酷なまでのスピードの追求において、時間は最優先事項です。タイムを競うレースは、100 年以上にわたり、モータースポーツファンを虜にしてきました。そして、その歴史全体にわたり、時計メーカーは、タイムの計測という難題に取り組んできました。この 2 つの分野がよく似ていることは、誰の目にも明らかです。


アストンマーティンとジラール・ペルゴはいずれも、生まれつきの情熱と明確なビジョンを持つ人々により創設されました。アストンマーティンは、ライオネル・マーティンとロバート・バンフォードによって 1913 年に創設されました。一方、ジラール・ペルゴの起源は、弱冠 19 才のジャン-フランソワ・ボットがその最初の時計を制作した 1791 年まで遡ります。しかし、注目すべきは、1854 年のコンスタン・ジラールとマリー・ペルゴの結婚というラブストーリーから、時計製造で最も有名なブランドの 1 つが誕生したことです。



伝説的なアストンマーティン DBR1(1956 年)は、カーレースのために製作された車で、最も有名な伝統であるロードカー、「DB」の先駆けとなるものでした。そのスタイルは、才能あふれるデザイナー、フランク・フィーリーにより社内でデザインされ、紛れもなく、彼の「栄光の時」を表しています。オーデマピゲ コピー実際に、DBR1 のスタイルは、今日に至るまで最も美しく優雅であり続けています。さらに、このモデルから採用されたサイドエアベントのデザインには、機能性も兼ね備えられており、現在でも、アストンマーティンのロードゴーイングスポーツカーにとって重要な、機能と外観の特徴として維持されています。この特徴は、このブランドの各モデルの明確な個性を感じさせる重要なデザイン的ディテールとなりました。実際に、アストンマーティンの自動車は、一目見ただけでアストンマーティンとわかります。


【関連記事】:2021ファッション人気腕時計情報

Watches and Wonders Geneva 直前、A.ランゲ&ゾーネ2021新作予想!

デッキ・ウォッチの系譜を紐解く形で、ローマン インデックス・フェイスのシンプルかつ高精度のモデルとしてリヒャルト・ランゲが発売されたのが、今から15年前の2006年だったのだ。

最近では、計測精度機能をもつモデルの代名詞として、ザイフェルト・フェイスの新作が続いてるが、カルティエ 時計 オーバーホール 値段この15周年を記念して、シンプルな懐中時計フェイスのリヒャルト・ランゲがリニューアルされる、もしくは「リヒャルト・ランゲ・クロノグラフ」、「リヒャルト・ランゲ・ミニッツ・リピーター(!!)」などの新ムーブ搭載モデルが出る可能性がある、というのはどうだろう? 


◆「ランゲマティック パーペチュアル」20周年
モデルをデザイン区分によってファミリー化する分類が一般化している現状カタログの中で、ムーブメントによるファミリー化という初期ランゲの区分の生き残りであることもあってか、ディスコンティニュー化が加速した「ランゲマティック・パーペチュアル」だが、2001年の初代モデルから20年を経た今年、自動巻きの永久カレンダーの新型が出てもおかしくないような気もするのだ、はたして??



これは予想というよりも、願望に近いのかもしれない。
ランゲ復活の立役者であったギュンター・ブリュームライン氏が早逝された2001年から、今年で20年の歳月が経過した。
スイスの三大ブランドに比肩するような存在を目指したブリュムライン氏の理想は、この20年の間に、もはや押しも押されぬ現実となった。



2年前の「ランゲ1・25周年記念モデル」に、その名前が刻まれたばかりでもあるので今年記念モデルを出すのはどうかとは思うが、願わくば、記念モデルとは言わないまでも、なにかA.ランゲ&ゾーネ復興当時にあったグラスヒュッテ職人魂というか、ブリュムライン氏が育てた、そういう初期ランゲの矜持みたいなものを感じさせてくれるような新作に出逢えることを、今は心待ちにしています!

【関連記事】:学生時代の腕時計

ショパール 「ハッピーダイヤモンド」キャンペーン~1993年誕生の「ハッピーダイヤモンド」復刻、初代と同じ黄金比の新作モデルを発表

ステンレススティールとダイヤモンドが革新的な融合を果たし、1993年に産声を上げた「ハッピースポーツ」は、その独特の魅力と現代性を失うことなく、およそ30年の時を駆け抜けてきました。ショパールは今日、コレクションの発表時に公開された初代モデルの復刻版2本(1993本および788本限定)「ハッピースポーツ ザ・ファースト」を披露します。このモデルは、伝説的なムービングダイヤモンドと“ガレ”ブレスレットに加え、黄金比の原理から着想を得た外径33mmの新しいルーセント スティール A223製ケースや、自社製造の自動巻きムーブメント「Chopard 09.01-C」といった重要な技術革新も応用し、そのアイコンにふさわしいオマージュを捧げています。


黄金比の探求
ショパールにとって、プロポーションは極めて重要な要素です。女性のあらゆる日常をサポートするためにデザインされたハッピースポーツは、まず何よりも快適な付け心地が求められます。1993 年、キャロライン・ショイフレは「ジムでも、オフィスでも、そしておしゃれなディナーの席でも、一日中着けていられるウォッチが欲しかったのです。」と語っています。今日、この絶えざる調和の探求が実を結び、黄金比の活用によって、コレクションにおける新作モデルのボリュームが導き出されています。古代より、この数学的な調和は、自然や被造物を支配する調和を再現しようとする科学、芸術、建築に応用されてきたのです。

ショパールのレディスウォッチコレクション専用キャリバーの外径に黄金比を応用することで、ハッピースポーツ ザ・ファーストのケースは、女性の手首にフィットする快適な外径33mmにリデザインされています。そして、この完璧なプロポーションには、美しくしなやかなブレスレットが組み合わされました。


驚くほど現代的なヴィンテージブレスレット
美しさにおいて、新作ハッピースポーツ ザ・ファーストは、あらゆる点で1993年に初めて披露されたオリジナルモデルと肩を並べます。ラウンド型ケースには控え目なシルバーカラーの文字盤が採用され、ローマンインデックスのブルーの輝きは、ラグとリューズにセットされた5つのカボションカットサファイアと対を成しています。

しかしながら、このモデルの美しさは、ショパールのウォッチメイキングアトリエで製作された4連のガレリンクブレスレットにもあります。メッシュと同じくらいしなやかなブレスレットは、着用する女性の繊細な手首にぴったりとフィットし、美しく際立たせます。スポーティ且つ洗練されたクリエイションを通じ、スタイル、装い、エレガンスの概念に新たな息吹を吹き込んでいます。ひとつひとつ丹念にポリッシュ仕上げが施され、しなやかに組み立てられたガレは、ハッピースポーツ ザ・ファーストの快適な着け心地、肌触り、そして見事なデザインを演出します。



ヴィンテージ感漂うこのウォッチは、文字盤を覆う2枚のサファイアクリスタルの間で自由に舞う7つのムービングダイヤモンドによって、スポーツシックなスタイルを存分に発揮します。1976年にショパールが開発し、ハッピースポーツウォッチに採用されたムービングダイヤモンドは、女性の時間との関わりを一変させました。女性たちは単に時間を読み取るということだけでなく、絶えず新たな舞を披露してきらきらと輝くダイヤモンドも堪能するようになったのです。これはほんの一握りのアルチザンだけが駆使できる究極の技です。彼らは時計を組み立てる際、コマ状のカプセルに収められたダイヤモンドが絶えず揺れ動くようにひとつひとつ配置しています。

ムービングダイヤモンドは、1993本のリミテッドエディション「ハッピースポーツ ザ・ファースト」に生気を宿しています。この本数はアイコンが誕生した年にオマージュを捧げています。ショパール共同社長兼アーティスティック・ディレクターのキャロライン・ショイフレのラッキーナンバーである788から着想を得た、もうひとつのモデルは、ダイヤモンドがセットされたベゼルと虹色を帯びたテクスチャードマザーオブパール文字盤があしらわれています。

【関連記事】:人気ブランドのアイテム続々入荷中!

カシオ BABY-Gに LAのストリートファッションから着想を得た ペールトーンカラーの新シリーズが登場

アクティブな女性のためのカジュアルウオッチ BABY-G(ベイビージー)は、LAのストリートファッションから着想を得たペールトーンカラーの新シリーズを発売します。


本モデルは、丸みのあるシルエットで、パーツを重ねた多層構造のケースデザインが特徴です。時計を LAのストリートファッションから着想を得たペールトーンでカラーリング。チュードル 時計 レディーススケルトンカラーのモデルは、バンドとケースの色の組み合わせを変えてカラフルに、マット調のモデルはそれぞれミントグリーンとピンクのワントーンで仕上げました。


また、ラウンド型ケースでキュートな印象ながら、ボリューム感のあるフォルムでスポーティーな印象に。ウブロ 偽物さらに、インデックスや文字板をメタリック調にし、クールなディテールもプラスしています。

機能面では、耐衝撃構造や10気圧防水搭載で実用性も装備。
BABY-Gブランドの根幹であるスポーティーさとカラフルさを表現した夏にぴったりのシリーズです。



カラー:ミントグリーン / ペールピンク / スケルトン
品番:BGA-280-3AJF / 4A2JF/ 4A3JF / 6AJF

【関連記事】:http://reflecting.top

ショーメがフォーヴィズムに着想を得た「エクロジオン ドゥ ショーメ 」を発表~グラン フー エナメルはアニタ・ポルシェがコラボレート

唐突ですが、フォーヴィズムである。
ルネサンス以降、芸術表現の主流だった写実を捨てて、実際はどんな色であろうが作家の主観(心)が感ずる色彩で自由に描こうとする、作り手の感覚を重視する絵画表現の流れであるフォーヴィズム。

その背景には19世紀末の、つまり世紀末に多く排出された終末思想からくる暗く陰鬱な絵画芸術の風潮がある。これに反抗したフォーヴィズムは刺激的な原色や明るい色彩を好んだことから、彼らの伸びやかな絵画は世紀末芸術を倦んでいた人々に受け入れられ、20世紀初頭に花開き、やがてコンテンポラリー・アートにも連なることになる重要な絵画運動なのである。

そして、この2年ほど、コロナというなんか明るくはない世の中に対して、創業から2世紀以上の歴史を誇るショーメが、このフォーヴィズムに着想を得たコレクションを発表した。

ハイ・ジュエリー中心のコレクションではあるが、エナメラーとして時計の世界でその名を知られるアニタ・ポルシェが参画しているので、以下、プレスリリースからの引用を交えて紹介したい。



『ショーメは、メゾンのアートとの深いつながりから、フォーヴィズムの巨匠たちの作品に見られる感情を表現した明るく強烈な色使いから着想を得て「エクロジオン ドゥ ショーメ 」コレクションを発表しました。

エクロジオンはフランス語で“満開”を意味し、輝く生命力を感じさせる立体的で色鮮やかな仕上がりが特徴のコレクションです。グランドセイコー腕時計
作品に初めて起用したラナンキュラスのモチーフに、生き生きとした明るい色合いのマンダリンガーネットやツァボライトガーネット、ピンクスピネルなどが彩りを 添えています。



「エクロジオン ドゥ ショーメ」 コレクション ブローチ
YG,ダイヤモンド オーバルカット
マンダリン スペサルタイトガーネット 5.30ct バゲットカット
ラウンドカット イエローサファイア
ルビー, ピンクサファイア , レッドスピネル , パライバトルマリン、バゲットカット
カリブレイティッド ツァボライトガーネット。エメラルド, イエローサファイア , ルベライト、ラピスラズリ, オニキス , カーネリアン
¥25,300,000 (税込・ 参考価格)

タイムピースはダイアルからベゼルまで絵画のように大胆に描かれたラナンキュラスが咲き誇り、鮮やかなグリーン、燃えるようなレッド、フレッシュなオレンジ、霞がかかったようなグレーなどさまざま な色 が溢れています。
職人の手で描かれた立体的な質感や繊細な技巧と、アニタ・ポルシェとのコラボレーションで施されたグラン フー エナメルが色彩にあふれた豊かで生き生きとした自然の姿を描き出しています。』


【関連記事】:最優秀潜む水道メーター時計

ディズニーとフランク ミュラーによる夢の限定モデルが登場

フランク ミュラーは「ディズニーフラッグシップ東京」のグランドオープンに合わせ、ディズニーとの特別な限定モデルを製作した。ブルーとホワイトは各20本限定で、特設サイトで抽選予約販売を行っている。



ディズニー映画「ファンタジア」の世界観を描いた特別な2本>
 フランク ミュラーはディズニーストアとの共同企画で、2本の特別な限定モデルを製作した。これは、ディズニーストアの新しい旗艦店「ディズニー フラッグシップ東京」のグランドオープンに合わせて製作されたもので、2021年11月1日(月)から7日(日)までの期間、特設サイト(URL:http://shopDisney.jp/c/FRANCKMULLER_CP/)で抽選予約販売を行っている。

 今回発表されたのは、ブランドを代表するモデル「トノウ カーベックス」に、ディズニーの世界観を融合した限定モデルだ。独創的で存在感を放ち、絶妙な3次元曲面を描くトノウケースは、ひと目でフランク ミュラーであると分かるだろう。本作は、ウォルト・ディズニーが世に贈った数々の長編アニメーション映画の中でも、特に傑作として名高い「ファンタジア」にインスピレーションを受けたデザインを採用し、夢とファンタジーが詰まった希少な限定モデルである。



「ブルー」5850SCW.D.LTD 5N
自動巻き(FM2800)。21石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約42時間。18KPGケース(縦45×横32mm)。30m防水。ディズニーストア限定20本。302万5000円(税込み)。
 ブルー文字盤の美しいモデルは、18Kピンクゴールドケースに、鮮やかなブルーエナメルでつくられたダイアルを組み合わせている。繊細なギヨシェ装飾に、透かした星々をあしらい、見る角度や光によって変化させることで、映画「ファンタジア」の世界観を表現。

 6時位置に配されたミッキーマウスのシルエットに呼応するように、12時にかけてインデックスがグラデーションカラーで変わっていく様子は、まるでビザン数字が魔法にかかったかのようだ。インデックスの6種類のカラーは、文字盤職人の手により、ひとつひとつ繊細に描かれている。ケースバックには魔法使いの帽子と「ファンタジア」のロゴをあしらい、随所にディズニーらしさを取り入れた特別な1本に仕上がっている。



その一方で、輝かしいホワイトのモデルには、18Kピンクゴールドケースにダイヤモンドがセッティングされており、映画の優美な世界観を表現。ホワイト文字盤に広がる星はブルーモデル同様に透かし彫りになっており、鮮やかなブルーインデックスがアクセントとなっている。


【関連記事】:流行している星手首

パテック フィリップから、クロノグラフ機構を搭載する3モデル、「5204」、「5905」、「5930」のニューバージョン発表

パテック フィリップ、コンプリケーション機能を追加したクロノグラフ・モデル3点のニューバージョンを発表


パテック フィリップから、クロノグラフ機構を搭載する3モデル、5204、5905、5930のニューバージョンが発表された。ウブロ 時計 中古パテック フィリップの"王道"たる正統的リストウォッチの追求、それもクロノグラフという計測機能に特化したこの時期の新作発表には、同社の時計製作に対する矜持を見る思いがする。3モデルともすべて先行する既発機のバージョン違いであるので、機構面の説明以上に、バージョンとしての特徴点などを速報的にまとめてみる。


永久カレンダー搭載スプリット秒針クロノグラフ「5204R-011」~象徴的モデルを現代的に解釈した、ローズゴールドとスレートグレーのニューバージョン


Ref. 5204R-011 価格:35,596,000円(税抜)

永久カレンダー搭載スプリット秒針クロノグラフ5204モデルは、パテック フィリップのグランド・コンプリケーションのひとつの頂点でもある。スーパーコピー名作5004の系譜に連なるこの偉大なクラシック・スタイルは、2012年に先行した5204P、2014年の黒文字盤モデルを引き継いだ、現行の2つのローズゴールド・バージョンによって非常に現代的な側面を持ったが、それらをさらにコンテンポラリーな精神で再解釈したのが、今回の新作である。

全面を手作業でポリッシュ仕上げしたローズゴールド・ケースに、スレートグレーの文字盤とブラウンのベルトを組み合わせ、凹面のベゼルと段差のついたラグによるアーキテクチャー的なニュアンスをも相まって、より際立った洗練さを感じさせる。


では、その他の要点のいくつかをプレスリリースから引用しよう。


【関連記事】:Gucci:グッチのアイテムをミックスした25通りのスタイル

どこか品が漂う、ミラネーゼブレスモデルの「スーツスタイル」

「スーツスタイル」は、顔つきはダイバーズゆえ非常にスポーティですが、ミラネーゼブレスやフェード加工などヴィンテージ風味漂うデザインにより、大人の色気がむんむん。まさにスーツに合わせても何の違和感もないルックスに仕上がっています。


ヴィンテージウォッチによく見られるミラネーゼバンドを、全モデルが装備する「スーツスタイル」。パネライ時計 ルミノールその上、こちらのモデルはインデックスや針の夜光塗料に経年加工が施され、上手に味出しされています。スポーティな中に落ち着きを感じさせるため、ビジネスの場でも信頼感を演出できそうです。


シャンパンカラーを文字盤に採用した本作。カジュアルな印象を持たれがちなカラーですが、ヴィンテージ風の味付けによってカジュアルというよりも大人の渋さ漂うモデルになっています。また光の当たり方によって表情を変えるサンレイ加工も高級感をアップする要素になっており、しっかりとスーツにもマッチします。


【関連記事】:http://keisukeise.top

1815トゥールビヨン“ハンドヴェルクスクンスト” アニバーサリーを締めくくる特別限定モデル


1815トゥールビヨンは、A.ランゲ&ゾーネがトゥールビヨン対応ストップセコンドと秒針位置合わせのためのゼロリセット機構を同時に搭載した初めての時計です。フェルディナント・アドルフ・ランゲ生誕200周年という記念すべき年の締めくくりとして、ダイヤルとムーブメントにひときわ華やかな装飾を施し、最高の精度を追求したタイムピースが製作本数限定の“ハンドヴェルクスクンスト”モデルとして登場します。


  ピンクゴールド仕様の1815トゥールビヨン “ハンドヴェルクスクンスト” ハンドヴェルクスクンスト―A.ランゲ&ゾーネが2011年以来、稀少な仕上げ技法とエングレービングでダイヤルとムーブメントに華やかさを添えた特別限定モデルに授ける呼び名です。


  ドイツのザクセン州で時計を作り続けるA.ランゲ&ゾーネは2015年12月7日、二つの特許技術を組み合わせ、表面装飾に趣向を凝らした新作1815トゥールビヨン“ハンドヴェルクスクンスト”を発表しました。1997年に独自開発したゼロリセット機能を2008年に発表されたストップセコンド搭載トゥールビヨンと組み合わせることにより、秒単位での時計の停止と時刻合わせを可能にしたA.ランゲ&ゾーネの技術力を体現するモデルです。


  30本限定製作のこのモデルのケースは直径39.5ミリのピンクゴールド製です。A.ランゲ&ゾーネ五本目となる“ハンドヴェルクスクンスト”エディションは、200年前にザクセンに生まれ時計界で先駆的役割を果たしたフェルディナント・アドルフ・ランゲへのオマージュです。


  2014年に発表した1815トゥールビヨンとの明らかな違いはダイヤルです。今回発表するモデルのダイヤルは、ピンクゴールドにブラックロディウム加工を施し、時間と手間のかかるトランブラージュ彫りで仕上げたものです。この装飾技法では、ビュランという専用工具できめの細かい滑らかな質感が得られるまで素材表面に丹念なエングレービングを施します。ダイヤル表面から隆起するおなじみのブランドロゴと数字は、光沢を放ち、深い背景色に鮮やかに浮き上がるまで磨き上げられます。ダイヤルには、大きなワンミニッツトゥールビヨンを見ることのできる窓がついています。トゥールビヨンのブリッジとキャリッジ上部にはブラックポリッシュを施しました。ブラックポリッシュは、きわめて繊細で仕上げに数日間を要する研磨技法です。



自社製キャリバーL102.1は隅々まで丁寧に仕上げられており、完成度の高さを滲ませています。


  特筆すべきは、優雅な曲線を描く新デザインの4分の3プレートです。ムーブメント側にもゆったりとした窓を設けたことにより、香箱と輪列を構成する部品とともに特許技術のストップセコンドを搭載したトゥールビヨンも堪能できます。洋銀製地板に見られるきめ細かな粒状感は、かつてランゲの先代たちが製作した懐中時計から着想を得たものです。角度の鋭い内側隅の面取り部分の研磨は、特に難しい作業です。この部分は、鋭利な特殊工具を用い、手作業で研磨する以外に方法がありません。秒針車の受けはトゥールビヨンがより良く見える形状になっており、地板やケース底と同じくハンドエングレービングが施されています。ムーブメントの装飾の総仕上げとして、トゥールビヨンにダイヤモンド受け石が燦然と冠されています。

また、今回この特別限定モデル(サンプル機)を、2015年12月10日(木)午後〜12月15日(火)午後の期間、A.ランゲ&ゾーネ銀座ブティックにて展示いたします。
通常、滅多に目にすることができない特別モデルをいち早く日本でご覧いただけるこの機会を、どうぞお見逃しなく。
詳細はA.ランゲ&ゾーネ銀座ブティックに直接お問い合わせください。


【関連記事】:人気ランキング1位

ブレゲのアイコンウォッチ「クイーン・オブ・ネイプルズ」を、春の演出で彩られた店内で堪能!


ブレゲ「クイーン・オブ・ネイプルズ」コレクションのウォッチ
1775年、天才技師としても知られるアブラアン‐ルイ・ブレゲにより、パリで創業したブレゲ(Breguet)。

1812年には、ブレゲを熱烈に賞賛していたナポリ王妃カロリーヌ・ミュラのために、それまでには存在しなかった「腕に着けて使う時計」を生み出しました。

史上初の腕時計というアイデアだけでなく、オーバル型のフォルムも当時では異例のスタイル。bibicopy 株式会社「時計の歴史を200年早めた」ともいわれるブレゲならではの、画期的なタイムピースだったのです。

この腕時計にインスピレーションを得て誕生したのが、「クイーン・オブ・ネイプルズ」です。優美なオーバルシェイプや4時位置のリューズなど、アイコニックなデザインが世界中の女性を虜にしています。



「クイーン・オブ・ネイプルズ 8967」¥2,508,000(税込)
ブレゲ ブティックの各店舗では、2020年3月14日(土)~31日(火)の期間に春の気分に満ちた店内で「クイーン・オブ・ネイプルズ」コレクションの数々を堪能できるキャンペーンを実施。スーパーコピーブランド名品と名高いウォッチの魅力を、あなた自身の腕で確かめる絶好の機会をお見逃しなく!


【おすすめの関連記事】:http://tomiyuki.top

2021新作 ジャケ・ドローが表現するハチドリの新たな飛び立ち。ジャケ・ドロー「プティ・ウール ミニット スマルタ クララ ハミングバード」

 ジャケ・ドローはこの洗練された鮮やかな夏のクリエーションに対し、類稀で繊細な技術が要求される傑出したプリカジュールエナメル技法を駆使して、生き生きとした自然の独特な構図を披露しています。

 高貴で幻想的な新作プティ・ウール ミニット スマルタ クララ ハミングバード(PETITE HEURE MINUTE SMALTA CLARA HUMMING BIRD)は瑞々しさと軽やかさを際立たせており、ゴールド枠に秘められた卓越した技術でコレクターから高い評価を得ています。ジャケ・ドローはこのモデルによって、ミニチュアステンド・グラスを彷彿とさせる、1500年前に誕生したプリカジュールエナメル技法の希少な伝統専門技術を受け継ぐアトリエのひとつとしてその地位を確立しています。


この技法はクロワゾネやシャンルベとは異なり、ベースのないハチの巣状の枠にエナメルを施すことで、形と大きさの異なる枠で隔てられたゴールド製文字盤を生み出します。グランドセイコー腕時計ひとつひとつのスペースは色とりどりのエナメルで満たされた後、何度も連続して焼成が繰り返されます。この焼成の一回一回がエナメルに濃密な色彩を与えますが、同時に、わずかな温度超過でひび割れを起こすリスクがあります。ミニチュアステンド・グラスをイメージさせるプリカジュールは、エナメルに見事な透明感を生み出し、光、影、反射の作用を演出してモチーフに立体感と活気をもたらします。



今回、ハチドリのモチーフは繊細なグリーンのグラデーションで表現されており、ジャケ・ドローはその 7つの微妙な濃淡によって、この有名な鳥の陽気な夏の光景を描き出しています。フレームとして、2時位置にオフセンターダイアルを配置したプティ・ウール ミニット(PETITE HEURE MINUTE)を採用することで、メゾンはハチドリにゆったりとしたスペースを与えて、その豊かな色彩と巧みなプリカジュール技法(ラテン語でスマルタ クララ)を披露しています。

 ベゼルとラグに100個のダイヤモンドをセットし、マザー オブ パールダイアルと手縫いのグリーンサテンストラップを採用した、直径35mmの洗練された希少なタイムピースは世界限定8本となっています。

【おすすめの関連記事】:http://definierte.top

ロレックス(ROLEX)時計愛好家なら垂涎の時計が放出!


今や高級腕時計ブランドの代表的な存在として知られるロレックスは、1905年に創業しました。世界的に圧倒的な知名度を誇り、著名人にも愛好者が多数。タイムレスなデザインと優れた機能性、そして高いステータス性を備えたロレックスの腕時計は、生涯の相棒としても活躍してくれます。



数多くの人気腕時計が揃うロレックスのなかでも、王道モデルとして根強い人気を誇る「デイトジャスト」。凹凸のある独特の表情が魅力のフルーテッドベゼルや、エレガントなルックスと快適なフィット感を備えたジュビリーブレスレットなど、アイコニックなデザインが詰め込まれています。

また、日付表示の視認性を高めるサイクロップレンズが搭載されているのも大きな特徴。時を経ても色褪せることのない逸品です。

【関連記事】:http://aokikenji.top/

わずか数cmに詰まった小宇宙。壮大な仕掛けが詰まった腕時計

超複雑機構を持つ時計は、小さな宇宙とさえ称えられる。それらは現代で、技術革新と結びつき、飛躍的に進化を遂げる。ただしその根底にあるのは、人間の創造性や探求心。オメガ OMEGA (アンティーク)だからこそ、魅力も無限に広がるのだ。

LOUIS VUITTON
ルイ・ヴィトン/タンブール ムーン ミステリューズ フライング トゥールビヨン
洒脱と技術が織りなす、新たなミステリー



Ptケース、45mm径、手巻き。3275万円[参考価格]/ルイ・ヴィトン 0120-00-1854
時分針が宙に浮いているように見えるミステリアスムーブメントの原理は意外と古く、19世紀に考案された。

それは、透明なクリスタルディスクに付けられた指針がディスクの回転によって動き続け、まるで何も介在していないかのように見る者を錯覚させたのだ。

この機構はさらに進化を遂げ、ムーブメントまでも透明な文字盤に浮かび上がらせる。

今作においては、2重になった香箱、針を動かすセンターホイール、フライングトゥールビヨンのキャリッジが縦一列に並び、ダイナミックに動く様子は、まさに圧巻だ。

トゥールビヨンキャリッジの裏側には、持ち主のイニシャルを入れることが可能。それも、メゾンらしい洒脱だ。

A. LANGE & SÖHNE
A.ランゲ&ゾーネ/トリプルスプリット
複雑に進化を遂げたクロノグラフ



K18WGケース、43.2mm径、自動巻き。13万9000ユーロ[参考価格]/A.ランゲ&ゾーネ 03-4461-8080
クロノグラフは、進み続ける時刻と、任意で経過時間を計測するふたつの機能を併せ持つ。パロディ ブランドその上位に当たる機構がスプリットセコンドと呼ばれる。

これはクロノグラフの積算秒針に針をもう1本追加し、通常は2重になって進むが、操作によって重なった1本を止めることができるもの。

つまり、ラップタイムや2つの時間差を計ることができ、リセットすれば止まった針は動き続ける針に再び追いつく。

こちらの新作は、この機能を秒積算だけでなく、分積算と時積算それぞれに設けた、世界初の機械式トリプルラトラパントだ。計測タイムは従来の最長12時間までの積算と比較を実現した。


【関連記事】:モンクレールはフランスで生まれたプレミアム・ダウンの老舗ブランド。

「Gショック」誕生35周年。その進化を体現した“Gスチール”の魅力

国産時計の雄、Gショックが今年誕生35周年を迎えた。時計にタフネスという新たな価値感をもたらし、その魅力は色褪せるどころか、時とともに磨きがかかり、さらに進化を続ける。

カーボンベゼルを纏ったアナログ時計、Gスチールこそその証左だ。そこには年を重ねたからこそ味わえる、本物に対する満足がある。

年を重ねて変わったこと、それでも変わらないこと
オーシャンズ世代にとってGショックが歩んできた35年という歳月は、自身の年齢も重なり、より感慨も増すことだろう。言うまでもなくこの間、考え方やものの捉え方、そして好みも変わった。

例えば、ファッションにしてもそうだ。



白T、ダメージジーンズ、スニーカー。ネイビーブレザーを肩肘張らずにさらりと着こなす。パネライ 時計 中古若々しさと大人っぽさが同居する、そんな感性を大切にするOC世代だからこそ、持ち味であるタフネスに洗練を纏った新作のGスチールがよく似合うのだ。ジャケット7万5000円/サイベーシックス(マスターピースショールーム 03-5414-3385)、Tシャツ6000円/ペイデイ(ハンドイントゥリーショウルーム 03-5775-7813)、その他私物
若かりし頃は苦手だったネイビーのブレザーがどこかしっくりきたり。高級素材の魅力を知って、仕立てや縫製などディテールにもこだわり始めるようになった。

だがその一方で、白いTシャツやジーンズ、スニーカーも手放せない。それはこの年になったから理解できる滋味であり、時代によって変わることのない、価値感や機能美への憧れだろう。

そしてそんな円熟と青さ、瑞々しい感性を併せ持つことが年を重ねていくことの特権であり、これを成長という。

だからこそ同じ時代を歩んできたGショックの中でも、ハイエンドな最上位モデル、Gスチールに心惹かれる。それはブランドのデビュー作、DW-5000Cが確立してきたギアとしての佇まいや在り方、タフネスの基本理念をそのまま受け継ぎ、見事な成長を遂げているからだ。

これからの時をともに重ねていく存在として。


SS×樹脂ケース、53.8mm幅、クオーツ。8万円/Gショック(カシオ計算機 03-5334-4869)
メタルケースにカーボンベゼルを纏ったスタイルは精悍で高級感ある機能美を感じさせる。

シックなアナログの針表示ながら、Bluetooth通信によるモバイルリンク機能をはじめ、先端技術が実現する現代的な実用性を備えている。OC世代の等身大のライフスタイルに寄り添う時計だ。

決してノスタルジーに浸るのではなく、今の自分に相応しい新たな本物を手に取りたい。そんな本音に応えるのがGスチールだ。成長を続ける、これからの時をともに重ねていくには理想の相棒であろう。


【関連記事】:ベーシックかつ上品なデザインで、世界中のハイクラスな女性達を魅了し続けるCELINE(セリーヌ)

常識の“向こう側”へ。クラフトマンシップの伝え手が語るラドー愛


9月12日、アップルのスペシャルイベントで発表されたApple Watch Series 4(筆者撮影)
アップルは米国時間9月12日に本社Apple ParkのSteve Jobs Theaterで開催したスペシャルイベントで、iPhoneの新ラインナップ3機種とともに、Apple Watch Series 4を発表した。予約は9月14日から、発売は9月21日からとなっている。

価格はGPS搭載モデルが4万5800円から、GPS+セルラーモデルが5万6800円からとなっている(いずれも税抜)。またApple Watch Series 3はGPSモデルが3万1800円から、GPS+セルラーモデルが4万2800円からと値下げされた。

今回、予想通りのデザインや機能、そして名前が付けられたiPhoneシリーズに対し、Apple Watch Series 4は驚きを持って受け止められた。その理由について探る。

2018年モデルのキーワードは「健康」
Apple Watchは2014年9月に発表され、2015年4月に発売された。発売以来、スマートウォッチ市場を牽引するだけでなく、売上高はロレックスを含むすべての腕時計の中で世界一となった。ただ、そのマーケティングのメッセージは刻々と変化してきた。

当初はフィットネス機能を重視し、心拍センサーと加速度センサー、そして独自に構築したアルゴリズムの組み合わせにより、より正確なカロリー消費の計測を行ってきた。アルゴリズムの進化は、スイミングの泳法の検出まで行えるほど充実している。

続いて、昨年はセルラー機能を備え、Apple Watch単体で出掛けても電話やメールをiPhoneなしで利用できる「接続性」に力を入れた。公開を控えるwatchOS 5では、簡単なトランシーバーのようなアプリ「Walkie Talkie」も利用できるようになる。

そして2018年モデルで取り入れる新しいキーワードは、健康だ。一見フィットネスと重なるようにも見えるが、その予想をはるかに超える変化がもたらされることになる。

NEXT PAGE 2/4
その前に、Apple Watchのデザインが初めて変更となった点に触れる。これまでぷっくりと膨らんだケースとカバーガラスに有機ELディスプレーを組み合わせたデザインで、38ミリ、42ミリの2つのサイズが存在してきた。

しかし今回初めて、時計のサイズを拡大させ、40ミリ、44ミリとなった。もちろんこれにより、画面サイズも大きくなったが、ギリギリまで敷き詰めるディスプレーを採用したことから、40ミリモデルは35%、44ミリモデルでも32%画面サイズが拡大している。

この拡大した画面には、新たにデザインされたコンプリケーション(文字盤に表示させるアプリ)や新しい文字盤が用意された。たとえば8つのアプリの情報を配置することができる文字盤では、気温であれば最高・最低気温の把握、タイマーなら経過時間の表示など、インフォグラフと呼ばれる情報のビジュアル表現が用意された。

画面サイズが大きくなったこともあり、いま42ミリモデルを使っている人にとっては、Series 4の40ミリモデルを選んでも、さほど小さいと感じないかもしれない。逆に44ミリモデルを選ぶと、明らかに大型の腕時計に変わったという印象を受ける。買い換えを考えている人は、一度店頭で試してみるとわかりやすいのではないだろうか。

ちなみに、これまで使っていた38ミリ、42ミリのバンドは、それぞれ40ミリ、44ミリのケースに利用することができ、お気に入りのバンドを移行することができる。

真っ黒な背面のヒミツ
もっとも大きく変化したのは薄型化と背面だ。背面はブラックセラミックを全面に配置し、中央部分にサファイアガラスがあしらわれたセンサーが備わる。金属の領域を拡大させた理由は、電波の受信効率を高めるため、と説明があった。接続性を重視している改良と言える。

しかしそれだけではない。



Apple Watch Series 4には、心拍センサーに加え、心電図(ECG)測定機能も内蔵されたのだ。米国食品医薬品局(FDA)の認可を取得しており、手首の腕時計でいつでも心電図を取ることができ、PDFで出力して担当医に提出し、診察に役立てることができるようになる。

なお、日本向けのApple Watch Series 4では心電図の機能は当面利用できない模様だ。医薬品医療機器総合機構のウェブサイトによると、心電図(ホルタ解析装置)はクラスIIの管理医療機器に分類され 、解析用プログラムはJIS規格で定められている。心電図を測定するには、アップルはこれらの認可を受ける必要がある。

米国でもFDAの認可を得るには1年以上がかかることから、アップルが長らくヘルスケアに取り組んできたことを物語る。

もう1つの目玉は「転倒検出機能」
もう1つ、Apple Watch Series 4には、「転倒検出機能」が用意された。

「転倒」と一口で言っても、いろいろなパターンがある。踏み台から落っこちたり、転んだり、滑ったり、いすの背もたれにもたれかかって、そのまま後ろに倒れることだってある。それぞれの転び方によって、受けるダメージやケガの大きさも変わってくる。

そこでアップルは、2500人の述べ25万日分のデータを収集し、さまざまな転倒時の加速度データを集め、「転倒検出のアルゴリズム」を構築したという。このことからも、数年間の研究開発が伴っていることがわかる。

スポーツの消費カロリーを正確に記録するためにさまざまな人にその種目の運動をしてもらい、カロリー消費のアルゴリズムを作成したが、これと同じ手法だ。

Series 4の加速度センサーは32Gまで検出できるダイナミックレンジを確保し、強い衝撃のより詳細なデータを発見することができるようにした。ハードウェアの刷新とこれに組み合わせるソフトウェア、アルゴリズムの開発により、Apple Watchは人が転んで重大な影響が出る可能性を発見できるようになった。



見た目は時計だが、心電図も転倒検出もできる(筆者撮影)
転倒を検出すると、画面には緊急連絡先への連絡画面が表示される。何事もなければ、その画面を自分でキャンセルできるが、1分間操作がなければ自動的に発信される。こうして、転んで動けなくなり、助けを呼ばなければならないとき、あるいは意識を失った際に、Apple Watchを役立てることができるようになった。

Apple WatchはiPhoneとペアリングして利用するが、iPhoneのヘルスケアアプリには、転倒回数が記録される。

実は、心電図も転倒検出も、計測することができる専用の機器はすでに存在している。しかし、これらの機能を備えたデバイスの見かけが、スマートウォッチである点が重要なのだ。

NEXT PAGE 4/4
身内の介護に携わったことがある方なら経験があるかもしれないが、転んだことを「怒られる」と思って言わなかったり、心電図や転倒検出器、補聴器といった専用のデバイスを身につけることを拒むケースがよくある。しかしスマートウォッチであれば、見た目も時計そのもので、操作も簡単だ。

アップルは転倒検出の機能については、特別な操作を必要とせず、Apple Watch Series 4を身につけているだけで自動的に検出する仕組みとした。特に転倒はアメリカでも、一般に65歳以上の高齢者に増えてくるとされているが、特別な機器を使っている感覚をなくし、自然に検出できる仕組みにするよう、チャレンジを繰り返したのだ。

そして、システムレベルでの自動検出を組み込むことができた。デバイスとソフトウェアをともに開発するアップルならではの結果、と言えるだろう。

Apple WatchがiPhoneを使う理由になる
このチャレンジは、Apple Watchにとって、非常に重要なターニングポイントを作り出すかもしれない。これまでフィットネス、コミュニケーションにフォーカスをおいてきたApple Watchの新たなカテゴリーとして「ヘルスケア」の充実が決定的となったからだ。



画面サイズが大きくなったApple Watch Series 4(筆者撮影)
前述の通り、Apple Watch Series 4を使うためには、iPhoneを利用しなければならない。本人が買うだけでなく、子供に勧められるパターンによって、iPhoneに興味を持つユーザー層が家族や夫婦単位で拡大していく可能性もあるだろう。少なくとも、既存のユーザーがiPhone以外に乗り換える理由を失わせることになる。

個人的には、今回のプレゼンテーションで転倒検出機能と心電図機能が披露された瞬間が、長期的な目線で大きなインパクトを与える大きな山場だったのではないか、と振り返ることができる。

【関連記事】:最も手頃なレプリカブランドの専門店

ページ移動